トップ > 準備作業 >
起動用のメディアの作成

ここで実施する作業

Devil Linuxを起動するための起動用のCDまたはUSBフラッシュメモリを作成します。

CDから起動する場合は、設定情報の格納用のUSBフラッシュメモリも作成しておく必要があります

なお、この作業はWindows PC上で実施します。

ページの先頭へ
 

CDから起動する場合

Devil LinuxのISOイメージから起動用のCDを作成します。 VPNサーバ機用およびVPNクライアント機(支社)用の2枚を作成します。

  
予備の起動用CDを作成する場合は、ここで追加で作成しておきましょう。

展開されたDevil Linuxのフォルダにある bootcd.iso がISOイメージファイルです。 bootcd.isoファイルをライティングソフトを使用してCD-Rに書き込んでください。

  
ISOイメージに対応したライティングソフトが必要です。
  
例えば、無償のライティングソフトであるImgBurnが導入されていれば、bootcd.iso を右クリックし "Burn using ImgBurn" を実行することでCDを作成することができます。

設定情報の格納用のUSBフラッシュメモリの作成

続いて、設定情報の格納用のUSBフラッシュメモリを作成します。 VPNサーバ機用およびVPNクライアント機(支社)用の2本を作成します。

  
設定情報の格納用のUSBフラッシュメモリに関しては、今の時点で予備を作成する必要はありません。 動作確認が終了した後に、複製して予備を作成します。

まず、USBフラッシュメモリをFAT32でフォーマットします。

  
必ずFAT32でフォーマットしてください。

続いて、フォーマットしたUSBフラッシュメモリに設定情報をコピーします。 設定情報は、作成したCDのトップディレクトリ → configディレクトリにある、

  • etc-mods.tar.bz2

というファイルです。 このファイルをフォーマットしたUSBフラッシュメモリにコピーします。

ページの先頭へ
 

USBフラッシュメモリから起動する場合

Devil LinuxのISOイメージから起動用のUSBフラッシュメモリを作成します。 VPNサーバ機用およびVPNクライアント機(支社)用の2本を作成します。

  
起動用のUSBフラッシュメモリに関しては、今の時点で予備を作成する必要はありません。 動作確認が終了した後に、複製して予備を作成します。

コマンドプロンプトを開き、展開されたDevil Linuxのフォルダに移動します

  
展開されたDevil Linuxのフォルダとは、bootcd.isoファイルやinstall-on-usb.exeファイルが置かれている場所です。
コマンドプロンプトを起動しDevil Linuxのフォルダに移動
コマンドプロンプトを起動しDevil Linuxのフォルダに移動

続けて、任意のUSBポートに起動用のUSBフラッシュメモリを挿し、


install-on-usb.exe <USBフラッシュメモリをセットしたドライブ>

を実行します。 なお、ドライブには I: のように(:)コロンを付与する必要があります。

  
筆者が使用している64ビット版のWindows 8.1のPCでは、install-on-usb.exeは動作しませんでした。 install-on-usb.exeが動作しない場合には、他のPCで作業を行うか、CDからの起動に切り替えてください。

例えば、Iドライブに格納するのであれば、

install-on-usb.exe I:

と実行します。

運用時の設定情報の保存方法を決定
運用時の設定情報の保存方法を決定

上図のようにinstall-on-usb.exeコマンドが起動し、運用時の設定情報の保存方法を訊かれます。 ここでは、[2] Default configuration on boot partitionと答えてください。

  
[2] Default configuration on boot partition を選択することで起動用のUSBフラッシュメモリに設定情報(etc-mods.tar.bz2)が格納されます。
USBフラッシュメモリへの書き込みの確認
USBフラッシュメモリへの書き込みの確認

上図のように本当に書き込んでよいかを訊かれますので、続行して問題なければ y と答えてください。

USBフラッシュメモリへの書き込みの開始
USBフラッシュメモリへの書き込みの開始

上図のように再度本当に書き込んでよいか訊かれますので、ここでも y と答えます。

USBフラッシュメモリへの書き込みの開始
USBフラッシュメモリへの書き込みの開始

上図のようにUSBフラッシュメモリへの書き込みが始まります。 この処理には時間がかかります

USBフラッシュメモリへの書き込みの完了
USBフラッシュメモリへの書き込みの完了

上図のようにUSBフラッシュメモリへの格納に成功すると Success contains bootable Devil-Linux 1.6.9 with...(省略) と表示されます。

ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-